麦酒中心生活者の音楽とサッカー、ときどき競馬

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

麦酒中心生活者の音楽とサッカー、ときどき競馬

麦酒中心生活者が思いついたことを書き残す 備忘録

マイティマウス! 最速の男!デメトリアス・ジョンソン!

マイティマウス
最速の男!デメトリアス・ジョンソン

9月6日はUFC191があります。

今回は「最速の男!デメトリアス・ジョンソン」の登場ですね。



デメトリアス・ジョンソンと言う男。

デメトリアス・ジョンソンはなんと7回目の防衛戦となります。
これは凄い記録ですね〜
ていうか2012年から一度も負けていません。

さて、いつ負けたのかというと
2011年のドミニク・クルーズとのバンタム級のタイトルマッチ。

その後フライ級に階級を落としてからは
全く負けていません。

2012年9月に行われたsyodaiUFCフライ級のタイトルマッチ。
UFC 152のJones VS Belfort です。
ジョセフ・ベナビデス戦ですが、
5Rまでかかりましたが判定でチャンピオンになりました。

とにかくこの選手の特徴は早さです!
こんな早い選手が今までいたでしょうか!

デメトリアス・ジョンソンの完全無欠な防衛ロード!

チャンピオンになったデメトリアス・ジョンソンは
その後は進化し続けながらチャンピオンロードを歩みます。

1回目の防衛戦の相手がジョン・ダドソンです。
初の防衛戦は2013年1月26日に行われました。
終始押し込んでいましたが5R判定 3-0で初防衛です。

2回目はジョン・モラガ。
十字でタップを取ってます。

3回目、ジョセフ・ベナビデスとの再戦。
右フックからのパウンドでKOしてます。

4回目はアリ・バガウティノフ。
去年の2014年6月14日のUFC 174のJohnson vs. Bagautinovで行われました。
打撃で終始圧倒して判定勝ち。
つけいる隙を与えませんでした。

5回目はクリス・カリアソ。
2014年9月27日に行われた、UFC 178 のJohnson vs. Cariaso。
なんとキムラロックで勝利。
鮮やかだったな〜

6回目は堀口恭司
2015年4月25日に行われたUFC 186。
Johnson vs. Horiguchiです。
この試合もほんと凄かったですね。
デメトリアス・ジョンソンは最後まであきらめない所をみせてくれましたね。
なんていっても5Rの4分59秒ですよ!!
残り一秒で決めますか、普通!

堀口選手もイイ感じで試合に入って
だいぶ追い詰めたんですけどね〜
とはいえ、
最終的にはデメトリアス・ジョンソンの
「無尽蔵のスタミナ、落ちないスピード」
が光る試合でしたね。

7回目の防衛戦は?

そして今回は
2年前に判定で敗れているジョン・ダドソンが再挑戦!

ジョン・ダドソンのここのところの戦績は
前戦はUFC 187 Johnson vs. Cormierです。
相手はザック・マコウスキー。
判定で勝ってます。

その前はUFC Fight Night: Henderson vs. Khabilovで行われた、ジョン・モラガ戦です。
TKOで勝ってますね。

デメトリアス・ジョンソンに負けてから、現在三連勝中です。

ワタクシの私見としては、
デメトリアス・ジョンソンが負けるイメージが持てません。
穴がなさ過ぎる。

そんな完璧なスピードスターの試合は9月6日はUFC191で見られます。

この試合意外にアンドレイアルロフスキー VS フランクミアも行われますよ!
観戦するにはWOWWOWです!


★★★★★★★★★★★★★★★★
UFCが見られるのは
WOWWOWだけ!!