麦酒中心生活者の音楽とサッカー、ときどき競馬

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

麦酒中心生活者の音楽とサッカー、ときどき競馬

麦酒中心生活者が思いついたことを書き残す 備忘録

屯ちん @ 池袋

久しぶりに「屯ちん@池袋」へ。

池袋自体、ホント久しぶり。

相変わらず並んでますねぇ〜。

店外でメニューを渡され、ふと目をやると、

「黒醤油を12時間掛けて炊き上げた豚骨スープで引き伸ばし、特製かつお仕込油でスープ一面を覆いました。麺はスープに合わせて自家製のストレート麺を使用。口の中で広がるパンチの効いた魚ダシが、一度食べたら忘れられない程のインパクトを与えます。」

ほう、言ってくれますね〜 ということで魚豚ラーメンを食すこと決定!

15分ほどで、店内へ。

なんか、昔と比べて異様に元気がいい・・・。

うるさいぐらいに元気がいい。

あーうるさい、食券機で魚豚ラーメンを購入。

食券を店員に渡し、厨房の中をぼーっとみていると、

うわー、湯切りも派手になってる感じがする。

とっいたかんじで、席へ案内され、すぐにラーメンが・・・・。

Ca3a0076

って、つけ麺・・・。

「え・・・、僕つけ麺でしたっけ・・・。」

「確かにつけ麺で頂いております・・・。」

俺としたことが・・・。

元気すぎる店員に惑わされ、注文を間違えるなんて・・・。

気を取り直し、「魚豚つけ麺」を食す。

んー、まあまあ・・・。

豚骨に魚粉、そして少し酸味。

これは、並ばなくても・・・。

しかも、何故か割スープが最初に運ばれてくる。

これじゃぬるいじゃん・・・。

しかし、この割スープ白湯の豚骨スープ?

食後に割ったら、タダのおいしいラーメンのスープじゃねーか。

ふとみると、お隣は「魚豚ラーメン」。

あぁ・・・美味そう。

やっぱり、屯ちんはラーメンです。


ついでにとんちんかん(第3巻) ついでにとんちんかん(第3巻)

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

屯ちん 池袋本店 (ラーメン / 池袋、東池袋、都電雑司ヶ谷)
★★★☆☆ 3.0