麦酒中心生活者の音楽とサッカー、ときどき競馬

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

麦酒中心生活者の音楽とサッカー、ときどき競馬

麦酒中心生活者が思いついたことを書き残す 備忘録

ゴーゴーカレー @ 水道橋

以前、日経TRENDYの覆面調査で他のカレーチェーン店を大きく引き離し大好評であったお店で、結構気になっていたんですが、あの「ゴリラ」と「金沢発!」という単語を必要以上にアピールした店構えにひるんで今日まで入れませんでした。
しかし、今日は勇気を振り絞り、かつあまり期待しないように・・・と自分に何度も言い聞かせながら入店。

Ca3a0073

真っ黄色の店内に「ゴーゴーカレー」の掲載記事がベタベタ貼られており、奥のTVは取材のVTRがエンドレスで流れている。
これは・・・洗脳ですね・・・。

一番人気となっている、ロースカツカレーのエコノミークラス(多分中盛り)を食す。

Ca3a0071_3

いやー・・・、メタボリックですねぇ。
カツはCoCo壱なんかより確かに美味。
しかし、ルーが好みではなかったです。
ソースっぽい感じですかねぇ。カレーにソースという人は好きなのかも。

このルーですが、「55の調理行程、5時間煮込み、55時間寝かす」ということらしい。
そしてオーナーの宮森宏和さんは、同郷の松井秀喜選手がメジャーリーグで活躍している姿に感動し、脱サラした。その後、「55」にこだわった・・・・
もうなんていうか、こういうのはホントどうでもいいです。
しかし、創業店は金沢ではなく、西新宿店。こういうのは好きです。

そして、このゴーゴーカレーはニューヨークに出店したそうです。
この出店に関し、WIREDのChris Kohlerという人が非常に熱のある文をblogにアップしてます。

原文:http://blog.wired.com/underwire/2008/04/go-go-curry-bri.html
訳文:http://wiredvision.jp/news/200805/2008050121.html

まあ、よくもゴーゴーカレー如きで、ここまで書けるなぁ。
しかし、「日本のカレーはコカインが入っていると思われる」「本当はリトルスプーンのほうがすきだが贅沢は言えない」といったセンス。
この人凄く尊敬できます。

 「国民食」カレーで学ぶマーケティング入門 もっともわかりやすい 「国民食」カレーで学ぶマーケティング入門 もっともわかりやすい
販売元:セブンアンドワイ
セブンアンドワイで詳細を確認する

ゴーゴーカレー 水道橋西口店 (カレーライス / 水道橋、飯田橋、九段下)
★★★☆☆ 3.0